トップページ > 教育方針 > モンテッソーリ教育法

  • めざすもの
  • モンテッソーリ教育法
住所
〒661-0975 兵庫県尼崎市下坂部2丁目8-23
連絡先
TEL(06)-6499-1545 FAX(06)-6499-4599

地図はこちら

モンテッソーリ教育法

しもさかべ幼稚園のモンテッソーリ教育法

モンテッソーリ教育法とは、イタリアの女性医学博士マリア・モンテッソーリ(1870~1952年)が、幼児教育の現場で考案した教育原理と実践方法。
自立した子どもは、どんな現場でも周囲に気を配り、規律を守り、人の話に集中して耳を傾けることができます。 そんな自立した子どもを育てることが、モンテッソーリ教育法の目的です。

1. 体の成長が心を成長させ、心の成長が体を成長させる。

自我が芽生え始める3歳から5歳頃。この年齢には、人間の成長に欠かせない特有の発達がみられます。
体が成長し、手足が自由に動き始めると、こどもはいろんな物に関心を持ち、興味のあることは自分でやってみようとします。
そして、自分で選んだ「子どもの仕事」に夢中になり、何度も何度も納得できるまで繰り返します。この集中することが成長のカギ。
自分の手でやり遂げた時、深い満足感と優しい穏やかな気持ちが生まれるのです。

2. 子どもの能力を伸ばす豊富な種類の教具。

ひとつひとつ目的をもって作られたモンテッソーリの教具。
日常生活の基本動作から感覚教育、算数教育、言語教育、文化教育まで能力を伸ばすため、子どもたちに解りやすいよう準備されています。
子どもの興味と関心、発達の段階に合わせてステップアップ出来るよう工夫されています。
当園の教室には、様々な種類の教具が並べられており、自由に選んで「子どもの仕事」に取り組めるようになっています。

3. 年齢の違う子どもたちが一緒に活動する「縦横自由教育」。

3歳から6歳児がひとつの教室で学ぶ縦割り活動と、同年齢の子どもたちだけで学ぶ横割り活動。
縦割り活動では、大きい子が小さい子の手助けをしたり教具の使い方などを教えることで、自分自身も成長していきます。
さらに、互いを思いやる優しい気遣いや協調性が自然に身についていきます。
横割り活動では、同年齢同士の刺激で、自己能力を高めることに。
当園では、それぞれの良いところを取り入れた「縦横自由教育」を導入しています。